電車で行けるキャンプ場

電車で行けるキャンプ場【埼玉秩父編】家族キャンプにおすすめな周辺レジャー情報も

秩父のおすすめキャンプ場

車はないけどキャンプには行きたい、電車キャンパーのNむらです。

今回は東京都心部からもアクセスが良い、秩父にあるおすすめキャンプ場をご紹介します。

おすすめキャンプ場の選定条件
・電車orバス+徒歩数分で行ける(車がなくても行ける)
・タクシーを利用する場合は最寄り駅から概ね15分/2000円以内
・管理が行き届き、清潔感がある
・初心者に優しい(レンタル充実、テント持参以外に宿泊設備があるなど)
・場内or近場に子どもが思いっきり遊べる場所がある

上記は我が家がキャンプ場を選定する条件なのですが、多くの初心者ファミリーキャンパーにとっても必要なポイントを抑えていると思います。

Nむら

電車キャンプ歴5年のNむらが、秩父にあるおすすめのキャンプ場子どもと一緒に遊べるレジャー施設をご紹介します。秩父は手軽にアウトドアを楽しめるので、我が家でも何度も行っている初心者おススメエリアです。

こんな方にお勧めの記事です】
・関東在住、車はないけど秩父周辺でキャンプに行きたい
・子どもを自然の中でたくさん遊ばせたい
・キャンプ初心者にもお勧めのキャンプ場を探している

【この記事でわかること】
・秩父のお勧めキャンプ場とレジャースポット
・各施設へのアクセス、過ごし方
・秩父は温泉旅行だけでなく、家族キャンプに最適

なお、こちらの記事は適宜更新しキャンプ場を追加していきますので、最新情報が欲しい方はブックマークかTwitterのフォローもお願いします。

ベースブレッド:友達紹介キャンペーン

秩父(埼玉県)の基本情報

秩父へのアクセス

秩父駅へのアクセスは西武鉄道の特急ラビュー・レッドアロー号が便利です。

秩父:ラビュー

池袋駅から西部秩父駅まで所要約90分。ゆったり座って子どもと楽しみながら過ごすことができます。

是非4席確保し、ボックスシートスタイルで家族みんなでワイワイやりながら秩父を目指しましょう。

もしくは、秩父鉄道線を使って長瀞エリアも合わせて遊ぶのも良いですね。

西部鉄道の西部秩父駅と秩父鉄道の秩父駅別物です。とはいえ、徒歩5~10分程度なので、そこまで気にしなくても大丈夫です。

秩父の名物・特徴など

秩父芝桜

秩父の観光は写真の芝桜を筆頭に、こちらが有名です。

・羊山公園の芝桜【4~5月】
・秩父夜祭【12月】
・三十槌の氷柱【1~2月】
・神社(秩父神社、三峯神社)

一方で、秩父をキャンプ場エリアとしての見たときの特徴は

秩父キャンプの特徴
・東京都心からのアクセスが抜群
・初心者でも気軽に楽しめるキャンプ場が多い
・荒川支流の河川が多く、川遊びができるスポットが多い

というような感じで、キャンプ初心者でも気軽にアウトドアを楽しめるお勧めのエリアと言えます。

秩父でお勧め:電車でいけるキャンプ場

それでは早速秩父でお勧めするキャンプ場を紹介します。

コアラ

全て車がなくても行けるキャンプ場ですよ。

PICA秩父

PICA秩父

我が家が初めて家族キャンプをしたのもこちらですが、設備が整っていてスタッフも親切、気軽にアウトドアを体験できるので「初めてのキャンプ」にお勧めです。

PICA秩父の基本情報

名称PICA秩父(公式サイト
所在地埼玉県秩父市久那637-2 秩父ミューズパーク 内(地図
アクセス方法西武秩父駅より循環バスで20分+徒歩5分
宿泊スタイルコテージ
セットアップテント(持参不可)
お勧めな方キャンプ初心者、家族連れ
Nむら

非常に快適なので、過去に2回ほど宿泊しています。コテージ内は設備も充実、場内に入浴施設もありなので、初心者も安心して楽しめます。

PICA秩父の特徴

PICA秩父

初心者に優しいキャンプ場

多くのキャンプ場は持参したテントを張って宿泊するのが王道です。
一方で、ここPICA秩父は完全に初心者向けに振り切っているのか、フリーのテントスペースがありません。

すべて設備があらかじめ整えられたコテージかセットアップテントに宿泊することになります。
初めてのキャンプする方や、1~2歳など小さな子どもがいる方にも安心です。

周辺アクティビティが充実

PICA秩父は秩父ミューズパークという広大な公園の敷地内にあります。
そのため、徒歩圏内に様々な種類の遊び場があり、子どもと一緒に存分に楽しむことができます。

キャンプ場内でも簡単な探検はできますが、遊具などがあるわけではないので、こういった周辺環境はとっても重要ですね。

PICA秩父のおすすめポイント
・コテージ+食事付プランがほとんどのため、テント道具がない初心者でも気軽に楽しめる
・フォレストアドベンチャー、 秩父ミューズパーク が隣接しており、遊び場が充実している

PICA秩父の気になるところ
・持参テントを張れないので、費用が高くなりがち
・テントがあまりないので、キャンプ感はやや薄れる

なお、PICA秩父は別記事でも紹介していますので、ご参考まで。

秩父巴川オートキャンプ場

巴川オートキャンプ場

西部秩父駅からはタクシー利用が必要ですが、場内の河原で思いっきり水遊びができるキャンプ場です。

地層が古く、貝の化石などを含んだ石がゴロゴロしているようです。

秩父巴川オートキャンプ場の基本情報

名称秩父巴川オートキャンプ場(公式サイト
所在地埼玉県秩父市下影森2222-4(地図
アクセス方法西部秩父駅よりタクシーで10分
(1400円程度)
宿泊スタイルオートキャンプ
バンガロー/ドームテント
お勧めな方キャンプ初心者、家族連れ
Nむら

2019年9月に行きましたが、場内で川遊びができるしコスパ抜群なので、また行きたいです!新しくできたドームテントも期待大です。

秩父巴川オートキャンプ場の特徴

巴川オートキャンプ場

子どもと川遊びを満喫できるキャンプ場

秩父巴川オートキャンプ場の一番の特徴は荒川河川敷に隣接していることで、キャンプ場からすぐに川遊びをすることができます。

更に管理棟の無料レンタルが超充実しており、この時は水鉄砲や魚を捕まえるためのネット、更にはライフジャケットまで借りることができました。

川遊びなので流れの早い場所や水深が深い場所には注意が必要ですが、それさえ守れば大人も子どもも一緒に全力で楽しめますよ!

巴川オートキャンプ場

コストパフォーマンスが最高

家族4人でテントを持っていないとなると、宿泊費用(テントレンタルやコテージなど)で2万~4万円とかかかることが多いのですが、ここは格安です。

バンガローは11,000円(7000円+人数×1000円)、最新のドームテント12,000円と、かなり低価格で宿泊できます。

キャンプ+小松沢レジャー農園(後述します)と目一杯遊んで33,000円ということで、我が家のキャンプ費用の最安値を更新しました。

秩父巴川オートキャンプ場のおすすめポイント
・荒川に隣接しており、キャンプ場からすぐに川遊びができる(レンタルも充実)
・コストパフォーマンスが高く旅費を抑えられる

秩父巴川オートキャンプ場の気になるところ
・場所によっては川に藻が張っていたので避けたいところ
・炊事場がやや少ないと感じる

スプラッシュガーデン秩父

スプラッシュガーデン秩父の基本情報

名称スプラッシュガーデン秩父(公式サイト
所在地埼玉県秩父市小柱326-2(地図
アクセス方法皆野駅よりタクシーで5分
宿泊スタイルオートキャンプ
バンガロー
お勧めな方キャンプ+温泉を楽しみたい
Nむら

こちらはまだ行ったことがありませんが、来年にでも行ったらまたレポートしますね。

スプラッシュガーデン秩父の特徴

スプラッシュガーデン秩父:マップ

広大な敷地

スプラッシュガーデン秩父は7,000坪の広大な敷地で自由に遊んだり、荒川で川遊び(遊泳は禁止)も楽しめます。ドッグランもあるので、子どもが見たらテンション上がりそうです!

スプラッシュガーデン秩父:温泉

徒歩圏内に併設の温泉

スプラッシュガーデン秩父の敷地内に「梵の湯」という日帰り温泉施設があります。
キャンプ場や周辺で思いっきり遊んで、温泉に入れるなんて最高ですね!

風呂上りにビールを飲みながらBBQの準備をするシーンを想像するとすぐに行きたくなってしまいます。

スプラッシュガーデン秩父:パン屋

徒歩圏内においしそうなパン屋

スプラッシュガーデン秩父の敷地内にはおいしそうなパン屋さんもあります!

3食分(昼・夜・朝)を用意するにあたって、食材を調達して運ぶ手間があるのですが、そのうち1食を優雅にパンにするのも良さそうです。

食パンを買って炭火で焼くと、とってもおいしいのでお勧めです。

スプラッシュガーデン秩父のおすすめポイント
・広大な敷地で思いっきりアウトドアを楽しめる
・温泉やパン屋にキャンプ場から徒歩で行ける
・ハイシーズン価格設定がなく、5人用バンガローが18,000円とコスパも良好

スプラッシュガーデン秩父の気になるところ
・予約後3日以内に予約金の振込みが必要
・川遊びはできるが遊泳は禁止

秩父のお勧め:電車でいけるレジャースポット

せっかくの秩父に行ったのなら、キャンプ場+αで楽しむことがおすすめです。

初日のチェックイン前や二日目のチェックアウト後など、半日バッチリ遊べるレジャースポットをご紹介します。

小松沢レジャー農園

小松沢レジャー農園

我が家では秩父といったらここ!というくらいの鉄板スポットで、計3回行っています。

小松沢レジャー農園の基本情報

名称小松沢レジャー農園(公式サイト
概要・目的体験型のレジャー農園
マスつかみ取り/釣り、果物・きのこ狩り、そば打ち、流しそうめんなど
所在地埼玉県秩父郡横瀬町大字横瀬1408(地図
アクセス方法横瀬駅から無料送迎バス(要事前連絡)
所要時間2~4時間程度
お勧めな方家族連れ、1か所で色々遊びたい方

小松沢レジャー農園のおすすめの楽しみ方

小松沢レジャー農園は子どもが楽しむ体験が豊富にそろっています。
その中でも我が家で実際に体験したお勧めのものを紹介します。

小松沢レジャー農園:マスつかみ

マスつかみ取り(4月下旬~10月上旬)

1家族分程度を目安に川が仕切られており、そこで放流されたマスを手で捕まえます。

最初は元気に逃げ回っているので捕まえられる気が全くしないのですが、疲れで徐々にスピードが落ちてくる頃がチャンスです。

1歳児はさすがに川で水遊びみたいな感じでしたが、4歳くらいからはしっかり捕まえられると思います。

Nむら

捕まえた後は係の人が捌き、レジャー農園内の炭火スペースで食べることができるます。子どもと楽しみながら手軽に食育ができるので特にお勧めです。

小松沢レジャー農園:きのこ狩り

きのこ狩り(通年)

農園というと旬の果物狩りのイメージが強いと思いますが、ここではあえてきのこ狩りを紹介します。

ビニールハウス内には木が敷き詰められており、そこにびっしりとしいたけが生えています
写真映えするものではないかもですが(笑)、中に入ってみるとなかなかインパクトがあり、収穫も楽しめました。

取ったしいたけは天ぷらで食べるととてもおいしいですよ!

小松沢レジャー農園:そば打ち

そば打ち(通年)

そば粉をこねて、そば用包丁で切るところまで全て子どもも体験することができます。

包丁大丈夫かなとやや心配したのですが、切り方もしっかり教えてもりましたし、包丁の押さえとなる木の板もしっかりしていて、全く問題ありませんでした。

作り終わった後はゆでてその場で食べることができます。

Nむら

他にもたくさんの体験メニューがあるので、秩父に行ったら第一候補として見てみてください。

小松沢レジャー農園のおすすめポイント
・子どもが喜ぶ様々な体験イベントに参加できる
・車がない方向けの送迎サービスが便利

小松沢レジャー農園の気になるところ
・時期によって体験の種類にかなり差がある(夏がベスト、ただし混むかも)
・人がたくさん入ると運営がバタつく

秩父ミューズパーク

ミューズパーク

秩父ミューズパークの基本情報

名称 秩父ミューズパーク(公式サイト
概要・目的多目的の広大な公園
サイクリング、プール、アスレチックなど
所在地埼玉県秩父郡 小鹿野町長留2518(地図
アクセス方法秩父ミューズパーク循環バス「ぐるりん号」乗車
(秩父駅・西武秩父駅)
所要時間2H~1日中
お勧めな方アクティブに遊びたい方
Pica秩父に宿泊の方

秩父ミューズパークのおすすめの楽しみ方

秩父ミューズパークは本当に広大な公園です。
その中でも家族連れにおすすめのアクティビティを選んでご紹介します。

ミューズパーク自転車

サイクリング

ミューズパークは広大なので、サイクリングにばっちりです。

子どもが乗れる自転車ということで、初めて写真のような4人乗り自転車なるものに挑戦しました。
家族みんなで協力して漕ぐことができて、とっても楽しめましたよ。(2時間で1500円です。)

ただ、自転車自体が結構重いので、パパママへの負担は半端ないです(笑)

ミューズパークトランポリン

トランポリンソト遊びの森

張りの強い巨大なトランポリンで、思いっきり飛び跳ねて遊ぶことができます。
120kgが制限なので、大人1人と子ども2人くらいなら一緒で大丈夫です。

すぐ横が崖になっているため景色がいいのと、家族で1台を占拠しやすいのでプライベート感あってとても良かったです。

トランポリンは結構な運動量なのですが、子ども達は延長を繰り返しどっぷりハマっていました。(15分で500円です)



プール(夏季:現在営業停止中)

ミューズパークはプールも有名なのですが、コロナ禍で2021年は営業なしです。残念。
また、来年にでも行ってレポートしようと思います。

秩父ミューズパークのおすすめポイント
・子どもが喜ぶ様々なレジャーやスポーツが楽しめる
・散歩しているだけでも楽しいし、遊具のある公園なら無料で楽しめる

秩父ミューズパークの気になるところ
・広大過ぎてとても回りきれない
・どこまでがミューズパークの管轄なのかよくわからない

Nむら

ミューズパーク周辺には様々な施設がありますが、そこは徐々に内容を更新していきます。乞うご期待!

まとめ:秩父でキャンプとレジャーを楽しもう

秩父おすすめキャンプ場

秩父は首都圏からのアクセスも良く、気軽にアウトドアを楽しめるお勧めキャンプ場エリアです。

秩父なら私のような、

車なしの電車キャンパー
テントを持っていないorキャンプ初心者
子連れの家族キャンプ

といった方でも、キャンプを満喫できますよ!

是非キャンプ+アクティビティを組み合わせて、素敵な体験をしていただければと思います。

・秩父は東京都心からのアクセスが抜群
・初心者でも気軽に楽しめるキャンプ場が多い
・荒川支流の河川が多く、川遊びができるスポットが多い

Nむら

秩父からも近い長瀞編もこちらからご覧ください。長瀞はカヌー・カヤックなどのアクティビティも豊富で、おすすめのキャンプ場エリアです!

rentry