キャンプ用品

おすすめランタン「ジェントスEX-136S」をレビュー|EX-236D(新型)との違いも解説

このブログ記事ではジェントスのランタン「EX-136S」を約2年半、キャンプやアウトドアシーンでフル活用したNむら(@kochika_work)が、使用感や評価をレビューします。

結論からお伝えすると、EX-136Sのおすすめポイントは以下の通り、荷物を減らしたいキャンパーには抜群の高スペック・高コスパのLEDランタンです。

  • 軽量コンパクトかつ明るさも十分
  • 持ち手が2種類あるので、様々なシーンに対応可
  • 電池式なのでどこでも入手できる
  • アウトドアレジャーや災害時でも活躍
  • 4000円程度なので、コスパも良好

EX-136Sの後継機である「EX-236D」も発売されているため、記事の後半では機能比較も含めてお伝えしていきます。

最初のランタン選びに迷った方は、おすすめランタンであるジェントスEX-136S/EX-236Dを是非検討いただけると嬉しいです。

なぜジェントスのランタンがお勧めか、そもそもランタンってどんな用途で何個持てば良いかなどはこちらの記事にまとめています。

こんな方にお勧めの記事です】
・ジェントスのおすすめランタンが知りたい
・EX-136SとEX-236Dの違いを知りたい

【この記事でわかること】
・EX-136Sの性能、利用シーン
・EX-136SとEX-236Dは性能に大差なし

↓Nむら使用中、ロングセラーのEX-136S

明るさ370ルーメン/実用点灯9-142時間/防水
¥4,029 (2022/02/28 06:36時点 | Amazon調べ)

↓やや性能アップした新型EX-236D

明るさ370-430ルーメン/実用点灯9-142時間/防水
¥3,371 (2022/02/28 06:33時点 | Amazon調べ)
ベースブレッド:友達紹介キャンペーン

ジェントスEX-136Sとは

ジェントスEX-136Sの一番の特徴は、コンパクトながらも370ルーメンという抜群の明るさがあることです。

メインランタンとしてもサブランタンとしても使える、とても優秀なLEDランタンを紹介していきます。

ジェントスEX-136Sの基本スペック

ジェントスEX-136S
明るさ370ルーメン(Highモード)
光の色合い暖色
サイズ直径78.0×141.5mm
重量355g(電池含む)
使用電池/電源単3×6本
点灯時間Highモード:9時間
Midモード:18時間
Ecoモード:142時間
キャンドルモード:60時間
その他特徴ハンドル/カラビナ搭載
水に浮くフローティング機能
耐塵・1m防水仕様(IP67準拠)&2m落下耐久
ジェントス:LEDランタン

ジェントスEX-136Sは暖色系の穏やかな光です。

小さいサイズながらもHighモードで370ルーメンもあるので、これ1つでテント周辺まで照らすことが可能です。

ジェントス:LEDランタン

持ち手がカラビナ・フックと2種類も用意されているので、いろんな場所に設置しやすく、手持ちでの移動にも使い勝手が良いです。

ジェントスEX-136S

電池は単三型×6個です。充電タイプではありません。

細かな配慮ではありますが、蓋と本体を組み合わせる際の目印がついており、スムーズに開閉できるのもポイントが高いです。

ジェントスEX-136Sの利用シーン

ジェントスEX-136Sは様々なシーンで利用できます。

  • キャンプ
  • アウトドアレジャー
  • 防災

順番に説明していきます。

キャンプ

ジェントスEX-136S:キャンプで使用

キャンプで使用するランタンというと、大型のガスランタンなどを想像される方も多いですが、このサイズ感でもテント周辺を十分に照らしてくれます。

ジェントスEX-136S:サブランタン

キャビン宿泊などで備え付けの電灯がある場合でも、BBQエリアが離れていると明かりが十分に届かなかったりもします。

そんな時でも、ジェントスEX-136Sならサブランタンとしても明るさを補助する活躍をしてくれます。

ジェントスEX-136S:サブランタン

明るさの調整も可能なので、テーブルの上に設置してもまぶしすぎることはありません。

ジェントスEX-136S

持ち手がついているので、小さな子ども(当時3歳)でも簡単に扱えるのもうれしいですね。

アウトドアレジャー

ランタン:アウトドアレジャー

キャンプ以外のアウトドアレジャーでもジェントスEX-136Sは活躍してくれます。

花火や夜の海辺散歩など、スマホのバックライトだけではつらい状態でも、簡単に明るさを確保できますし、持ち運びも非常に楽です。

また、釣りをする方にとっても、手元+周辺を照らせるのでとても便利ですね。

ハリねず

確かに花火の片づけの時とか、スマホのライトで照らすよりずっと楽そうだね。

防災

ランタン:防災

地震等の災害などに備えたいという家庭も多いと思いますが、我が家でも防災の意識は年々高まってきています。

でも、防災セットでついてくる懐中電灯は結構大型だったり、柔軟に明るさや範囲・色を変更できなかったりします。

防災としてジェントスEX-136Sを持っておけば、その悩みは概ね解決することができます。Ecoモードなら142時間も点灯できますし。

単三乾電池タイプなので、入手しやすいのもポイント高いですね。

コアラ

小さいのにスペック高くて、いろんなシーンで活躍できそうだね。

Nむら

我が家の一番のお気に入りです。必要な機能を持ちつつ軽量コンパクトな点が最高です。防水機能もついてるので、雨でも安心ですね。

ジェントスEX-136Sの評価

電池式のみという点については、やや賛否が分かれるところかもしれません。

でも、我が家のように防災目的もカバーできるので、自信をもっておすすめできる商品です。

ジェントスEX-136Sの良いところ
・軽量コンパクトかつ明るさも十分
・持ち手が2種類あるので、様々なシーンに対応可
・電池式なのでどこでも入手できる
・アウトドアレジャーや災害時でも活躍

ジェントスEX-136Sの気になるところ
・必要な単三電池本数が多い(6本)
・Highモードだとやや消費が早い

メリット・デメリットがあるものの、総じて非常に評価の高いLEDランタンです。

最初の一台には最適な、汎用的LEDランタンと言えます。

明るさ370ルーメン/実用点灯9-142時間/防水
¥4,029 (2022/02/28 06:36時点 | Amazon調べ)

Nむら

ちなみに我が家では、エネループを使っているので、充電式と似たような使用感となります。予備電池も持参不要になるので、とてもおすすめです。

ハリねず

本体が充電できなくても、電池の方を充電すればゴミも出ないし、便利だね。

8本用 USB 充電器
¥4,990 (2022/04/12 06:02時点 | Amazon調べ)

ジェントスEX-236Dとは

ジェントスEX-136Sには後継機があり、名称はEX-236Dです。

見た目はEX-136Sとほとんど変わりませんが、基本性能を少しアップさせています。

基本スペック

明るさ430ルーメン(Highモード)
光の色合い暖色
サイズ直径78.0×141.5mm
重量355g(電池含む)
使用電池/電源単3×6本
点灯時間Highモード:10時間
Midモード:18時間
Ecoモード:142時間
キャンドルモード:60時間
その他特徴ハンドル/カラビナ搭載
水に浮くフローティング機能
耐塵・2m防水仕様(IP68準拠)&2m落下耐久

見た目やサイズ感は同じですが、少しだけ性能アップしていますね。(表内の赤字部分)

明るさ :370→430ルーメン
点灯時間:Highモードで9→10時間
防水性能:1→2m

また、公式サイトを細かく見比べてみると、以下のような違いも見つけられました。

インスタントオフスイッチ:点灯後、一定時間経過後にスイッチを押すと、どのモードからでも一回の操作で消灯できる。
シャドーレストップカバー:グローブ全体が発光し、目に優しく影ができない。

GENTOS公式サイト

Nむら

ただ、正直大差ではないので、値段や入手のしやすさで決めてしまって良さそうです。

評価

Amazonでレビューを調べてみたところ、大差ないというのが大勢の答えでした。

電源ボタンの仕様が変更されていて、新しいEX-236Dは電源ボタンを約2秒程の長押しで点灯するので、電源ボタンを押せばすぐに点灯するEX-136Dの感覚で触ったら点灯しなくて焦りました。総じて、光源の明るさや効率は進化しているのだなと実感しました。

Amazonレビュー

EX-236Dのキャンドルモードは光のゆらぎがなめらかになって良い感じです。良い点はコレくらいかな。EX-136Sが気に入っている方は、EX-236Dを買うよりもう1個EX-136Sを買った方が良いかもしれません。

Amazonレビュー

細かくは電源ボタンの仕様や、キャンドルモードの揺らぎ具合に多少の変更があるようです。明るさや持続時間アップの恩恵もうれしいですね。

Nむら

マイナーアップデートなので、EX-136DとEX-236Dはどちらもお勧めできるランタンという結論です。

明るさ370-430ルーメン/実用点灯9-142時間/防水
¥3,371 (2022/02/28 06:33時点 | Amazon調べ)

まとめ

ジェントス:EX-136S

ジェントスのEX-136S、EX-236Dはどちらもとても優秀なランタンであることがわかりました。

小型・軽量で持ち運びに便利
十分な明るさがある
持ち手やカラビナなど使い勝手が非常に良い
防塵・防水・落下耐久と、様々なアウトドアシーンで大活躍

旧型(EX-136S)→新型(EX-236D)の違いは以下の通りです。

明るさ :370→430ルーメン
点灯時間:Highモードで9→10時間
防水性能:1→2m
電源仕様:ワンプッシュ→長押し

ということで、性能に大差はないため、Nむら的には買いなおしはしません。

これから購入する方でEX-136S、EX-236Dを悩んでいる方は、

購入のしやすさ、価格の安さ

で選んでしまって良さそうです。

以上、参考になればうれしいです。

明るさ370ルーメン/実用点灯9-142時間/防水
¥4,029 (2022/02/28 06:36時点 | Amazon調べ)

明るさ370-430ルーメン/実用点灯9-142時間/防水
¥3,371 (2022/02/28 06:33時点 | Amazon調べ)

8本用 USB 充電器
¥4,990 (2022/04/12 06:02時点 | Amazon調べ)

rentry