電車で行けるキャンプ場

PICA富士吉田(山梨県)|初心者・子ども連れ歓迎のキャンプ場に電車とバスで行く

PICA富士吉田

車はないけどキャンプには行きたい、電車キャンパーのNむらです。

今回は山梨県富士吉田市にある「PICA(ピカ)富士吉田」について、ブログでご紹介します。

コテージやパオ等宿泊設備も充実、子ども向けのイベントも多数ということで、初心者×家族キャンパーにも自信をもってお勧めできるキャンプ場です!

山梨県なので首都圏在住の初心者キャンパーには少しハードルが高く感じるかもですが、意外と手軽に行くことができますよ。

Nむら

電車キャンプ歴5年のNむらが、PICA富士吉田までのルートを電車キャンパー目線で調べ倒し、目一杯遊んできた様子をレポートします!

コアラ

今回の支出合計は77,160円です。遠征なので交通費が高めになりましたね。

項目電車キャンパー的な評価
アクセス(普通)
設備充実度/清潔さ(良い)
アクティビティ(最高)
サポート/レンタル品(最高)
コストパフォーマンス(良い)

このブログ記事でわかること
  • PICA富士吉田は家族キャンパーに優しいキャンプ場
  • PICA富士吉田のイベント体験レポート
  • PICA富士吉田に公共交通機関のみで行く方法

*この記事は2019年10月末にPICA富士吉田で家族キャンプした際のレポートとなります。

Nむら

宿泊自体は少し前ですが、最近また行きたくなり調べ直しているので、写真以外は最新情報です。

PICA富士吉田の予約はこちらから↓

ベースブレッド:友達紹介キャンペーン

PICA(ピカ)富士吉田とは

Pica富士吉田:入口

PICA富士吉田は、山梨県富士吉田市にある林間キャンプ場です。

山梨県なので、首都圏在住の方にはやや遠征の部類に入りますが、移動にかける労力分の価値があります。

Nむら

いつもと違う雰囲気のキャンプ、最高です!移動中に富士山が見えてくると山梨に来た~とテンション上がります。

PICA富士吉田が向いている人、向いていない人は以下の通りです。

  • 子連れでキャンプや自然の中の遊びを楽しみたい
  • キャンプ用品などをあまり持っていない(レンタル必須)
  • コストを抑えめにしたいけど、清潔感は譲れない
  • 大人だけのグループでグランピングしたい
  • キャンプ場から富士山を眺めたい(少し移動しないと見えません)

基本情報

キャンプ場名称PICA(ピカ)富士吉田
営業日通年
(スタートパックエリアのみ冬季クローズ)
住所山梨県富士吉田市上吉田4959-4
キャンプ場タイプ林間キャンプ場
宿泊タイプパオ:10棟
コテージ:37棟
キャビン:6棟
テントヴィラ(設置済):5棟
スタートパック(テント):3サイト
オートキャンプ:29サイト
お風呂風呂×2(浴槽あり、男女別)
売店あり(調理関連用品、飲み物/お酒など)

電車でのアクセス方法

最寄り駅富士山駅、富士急ハイランド駅、河口湖駅
キャンプ場への行き方無料巡回バスで20~40分程度

首都圏からは電車でのアクセスが便利です。

特急「富士回遊」なら、土日は4便新宿から河口湖まで直通運転をしています。

  1. 新宿(07:30)→富士山(09:17)→富士急ハイランド(09:20)→河口湖(09:23)
  2. 新宿(08:30)→富士山(10:19)→富士急ハイランド(10:22)→河口湖(10:25)
  3. 新宿(09:30)→富士山(11:20)→富士急ハイランド(11:23)→河口湖(11:25)
  4. 新宿(11:13)→富士山(13:03)→富士急ハイランド(13:06)→河口湖(13:09)

最新の運行状況・時刻表は必ず事前に確認ください。

電車以外にも、河口湖・富士急ハイランド行はバスも出ていますので、長距離バス派の方はぜひそちらも調べてみてください。

PICA富士吉田:無料巡回バス

最寄り駅についたら、今度は無料のバスに乗ってキャンプ場を目指します。

PICA富士吉田:無料巡回バス
無料巡回バス

PICA富士吉田に発着する必要なところだけ抜き出すと以下の通りになります。

ハリねず

最寄り駅が複数あるけど、結局どこがいいのかな?

Nむら

キャンプ場までの移動時間と、駅付近の充実度をまとめるとこんな感じになります。

PICA富士吉田:最寄り駅からのアクセス

我が家は以下の理由で、富士急ハイランド駅からタクシーを選択しました。

富士吉田市の名物、吉田うどんを食べたい
スーパーで買い物してからキャンプ場に行きたい

吉田うどん

↑吉田うどん@美也樹うどん

近くの買い出しスポット

富士急ハイランド駅

富士急ハイランド駅から徒歩数分のところに、大型スーパーがあります。

店名イッツモア 赤坂店
住所山梨県南都留郡富士河口湖町船津5165−2(地図

我が家はうどんを食べた後に、こちらのスーパーで夕食と朝食の食材を購入してタクシーでキャンプ場に向かいました。(タクシーは概ね2,000円)

Nむら

PICA富士吉田ではBBQセットなども提供しています。でも、費用を抑えたい方は事前購入して持ち込みするのがおススメです。

PICA富士吉田から徒歩で行ける距離にはスーパーはありません。もし買い忘れた場合はキャンプ場内の売店にお世話になるしかありません。

写真で見るPICA富士吉田

ゲストハウス

PICA富士吉田:フロント・売店
楽天トラベルより引用

ゲストハウス内の受付は、きれいで親しみやすい感じです。

ランタンやスキレットなどのキャンプ道具を眺めているだけでもテンションが上がります。

PICA富士吉田:受付

奥にはリラックススペースがあり、ちょっとしたハンドメイドに挑戦することができます。

PICA富士吉田:ハンドメイド帽子

完成品はこちらです。自分で色を塗り、トップ木の枝を付けるアウトドアスタイルの帽子です。

宿泊場所

Pica富士吉田:パオ

我が家はマッシュルームパオ・フォレストに宿泊しました。

Pica富士吉田:パオ室内

中には切り株のクッションがあり、子供も大喜びでしたし、大人もテンション上がります!

なお、エアコンも設置されているので、真夏・真冬の厳しい季節でも快適。

Pica富士吉田:パオ

外にはテーブルとイスが設置されているので、食事はアウトドア気分を満喫しながら外で楽しめます。

水場・トイレ・お風呂

PICA富士吉田:水場・トイレ・お風呂
PICA富士吉田より引用

炊事場やトイレは普通レベルにきれいです。

ゲストハウスの二階にあるお風呂は男女別で浴槽付きです。

お風呂営業時間
<午前>8:00~10:30 <午後>15:00~22:00(休前日・ハイシーズンは24:00)

場内遊び場

Pica富士吉田:場内遊び

敷地内にはPICA富士吉田のシンボルになっているツリーハウスがありました。

ツリーハウスは老朽化に伴い、2022年6月に解体されてしまったようです。跡地には子ども達が遊べる小川が流れているとのこと。

Pica富士吉田:場内遊び

キャンプ場内にはちょっとした遊び場がいくつかありますので、何かを見つけるたびに挑戦しています。

Pica富士吉田:場内遊び

大きな遊具などは特にありませんが、子ども達が自然の中で遊んでいるところを眺めるのもまた、キャンプの楽しみ方ですね。

PICA FUJIYAMAとの違い

PICA FUJIYAMA

Pica富士吉田の近くには、同じくPICA系列のPICA FUJIYAMAがあります。

無料巡回バスで両キャンプ場に行くことができるのですが、こちらはどちらかというと大人向け

グランピング

Theグランピング施設という感じなので、大人だけのキャンプの場合はこちらも選択肢に入ってきそうです。

Nむら

小学生以下のお子さんがいるのであれば、割引特典やイベントが多いPICA富士吉田をお勧めします。(理由は後述)

PICA富士吉田の良いところ

Nむら家が感じたPICA富士吉田の良いところを紹介します。

電車ファミリーキャンパー視点となりますので、ご了承ください。

小学生以下無料+イベント豊富

Pica富士吉田:子ども向けイベント

PICA富士吉田はグランピングなどの派手さはないものの、家族キャンプを応援している取り組みが様々なところに見られます。

PICA富士吉田:こども

PICA富士吉田公式サイトのメニュー上に「こども」という文字があるのもその表れですね。

  • 小学生以下無料の宿泊設備
  • こども向けイベントが豊富

という点を深堀りして紹介していきます。

小学生以下無料の宿泊設備

PICA富士吉田:小学生以下無料

PICA富士吉田の公式サイトを見ると、下記8施設は小学生以下無料とあります。

  • マッシュルームパオ・グランデ
  • マッシュルームパオ・TAKIBI
  • マッシュルームパオ・フォレスト
  • コテージ・キッチンデッキ 薪ストーブ
  • コテージ・グリーン
  • コテージ・ハンモック
  • ドッグガーデンキャビン
  • トレーラーキャビン

例えば、家族4人が繫忙期以外の土日に素泊まりする場合(E料金=上から3番目の料金設定)だと、

トレーラーキャビン:14,000円

マッシュルームパオ・フォレスト:29,000円

という価格で宿泊可能です。

Nむら

6歳以上になると大人の80%とかの料金がかかる場合が多いですが、12歳(小学校卒業)まで無料にしてくれるのはとても助かります!

こども向けイベントが豊富

Pica富士吉田:子ども向けイベント

PICA富士吉田では子どもが参加できる様々なイベントが開催されています。

我が家が宿泊した時は「フェザースティック作り+ファイヤースターターでの着火体験」でした。

Pica富士吉田:子ども向けイベント

フェザースティック作りはナイフを使っての作業になるので、スタッフが説明+サポートをしてくれます。

当時6歳だったので親としては少し心配でしたが、しっかり話を聞いて慎重に進めてくれました。

Pica富士吉田:子ども向けイベント

その後場所を移動して、ファイヤースターターの使い方を教えてもらいます。

金属棒と火打石を勢いよく擦ることで火の粉が飛び、着火剤に燃え移るという理論はわかるのですが、、なかなか難しい。

Pica富士吉田:子ども向けイベント

10分くらい粘って挑戦していたところ、火が付きました!

6歳長男(当時)

大変だったけど、ちゃんと火をつけられたよ!

日常生活ではもちろん、通常の家族キャンプではここまでできないので、こういったイベントは是非今後も参加していきたいです。

開催しているイベントはタイミングによって異なりますので、以下から確認してください。
開催予定のイベントを確認する

設備充実で初心者に優しい

PICA富士吉田は、はじめてのキャンプを応援してくれます。

PICA富士吉田:CAMPスタートパック テントサイト

CAMPスタートパック テントサイトという、キャンプ必要な道具はすべて用意してくれるプランもあります。

世のパパさん

キャンプ始めたいけど、、テントとか諸々買うのが大変なんだよね。続くかわからないし。。

そんな方の声にばっちりお答えしてくれています。

初心者だとすべてを揃えるのが大変ですし、良し悪しの判断も付きにくいと思います。

そういった時には一度レンタルで試してみるというのはとても良い選択肢ですね。

設営が不安な方には、テント設営サポートというものもあります。(2,500円/組)

また、テント宿泊よりもっと手軽にアウトドアを楽しみたいのであれば、パオやコテージなどがお勧です。

PICA富士吉田:場内マップ

PICA富士吉田には計58棟もの宿泊施設があるので、むしろパオやコテージ等の宿泊設備の方がメインです。

プランによって多少異なりますが、付属しているセットやレンタル品も充実しているので、初心者でも安心してキャンプを楽しめるのがポイントですね。

PICA富士吉田:ツーバーナー

調理用具(ツーバーナー)があれば、自宅にいるのと同じ操作感で簡単に料理ができます。

ツーバーナー(ガス)のレンタル:1,700円

PICA富士吉田:焚き火台レンタル

焚き火ももちろん楽しめます。ダッチオーブン料理を作る時にも必須ですね。

焚き火台はレンタルしてしまうと後片付けも楽です。

焚き火台のレンタル:700円

PICA富士吉田:寝袋

そして眠くなったらエアコンの効いた室内で、寝袋にくるまって寝ます。

Nむら

テント宿泊だとこうはいきませんので、初心者にはコテージやパオがおすすめです。

河口湖観光とも合わせて楽しめる

河口湖

せっかく山梨県まで遠征をしたからにはいろいろ楽しみたいですよね。

PICA富士吉田へのアクセス拠点となる河口湖周辺で、ちょっと遊んでから帰るのもお勧めです。

河口湖:レンタサイクル

自分達のペースで自由に河口湖周辺を回りたかったら、レンタサイクルがおすすめです。

河口湖:スワンボート

お土産屋さんを見たり、スワンボードに乗りに行ったり気ままに観光ができます。

Nむら

スワンボート(足漕ぎタイプ)は大人がものすごい体力を使います。ぜひパパママ協力して頑張ってください!

6歳長男(当時)

スワンボート楽しかったよ!

レンタサイクル:1,000円(3時間)
スワンボート:2,000円(30分)
*どちらもお店やの自転車/ボートのタイプによって料金が異なります。

また、食については山梨県名物のほうとうも見逃せません。

ほうとう不動 河口湖駅前店

電車移動派には、河口湖駅から徒歩1分のところにある「ほうとう不動 河口湖駅前店」がおすすめです。

河口湖:ほうとう不動 河口湖駅前店

野菜もたっぷり入っていて、優しい味付けでおいしいです。

テーブル席以外に座敷席もあるので、小さなお子様連れにも便利ですね。

PICA富士吉田の良いところ
  • 小学生以下無料+イベント豊富
  • 設備充実で初心者に優しい
  • 河口湖観光とも合わせて楽しめる

PICA富士吉田の気になるところ

続いて、PICA富士吉田の気になるところを紹介します。

近くにスーパーやコンビニがない

PICA富士吉田:場内

電車キャンパーの宿命ともいうべき問題ですが、PICA富士吉田のキャンプ場から徒歩で行ける距離には、スーパーやコンビニなど一切ありません

そのため、キャンプ場で自炊をする場合は事前に買い物が必須となります。

PICA富士吉田:食材
PICA富士吉田:食材

PICA富士吉田でも食材や料理を提供してくれますが、すべて事前予約制(4日前までに注文)です。

  • スタッフドチキン(4人前):3,300円
  • ふじのくに 極上BBQセット(1人前):3,500円
  • Dutch・ド・カンパーニュ(パン、3~4人前):1,600円
  • モーニング Skillet(1人前):1,000円 など

調味料やお皿、飲み物、冷凍食品(ソーセージやベーコン)などは売店にて販売していますが、事前準備をしっかりして現地に向かいましょう。

当日何か想定外の出来事があった場合など、受付の方に相談してみましょう。

Nむら

持ち物はチェックリストを作っておくと安心です。

場内からは富士山が(ほぼ)見えない

Pica富士吉田:富士山

山梨県のキャンプ場=富士山が常に見えるわけではありません。

PICA富士吉田は林間キャンプ場ということで、高い木がたくさん生えているので視界を妨げてしまいます。

PICA富士吉田:富士山

富士山をじっくり見るにはPICA富士吉田の入り口を出て左に曲がって歩きだします。

道沿いに歩いていると、すぐに富士山が見えてきます。

富士北麓公園:富士山

近場で一番見やすいのは富士北麓公園の丘を登った場所になります。

オブジェっぽいものがあり、開けた場所になっているので、ここがベストポジションかも。

PICA富士吉田:富士山

PICA富士吉田からは約5~10分程度の散歩という感じです。

こちらは公園というより運動場という方がイメージ近いです。残念ながら子ども用の遊具などはありません。

PICA富士吉田の気になるところ
  • 近くにスーパーやコンビニがない
  • キャンプ場内からは富士山が(ほぼ)見えない

我が家の過ごし方

Nむら

最後に簡単に我が家のタイムスケジュールを共有します。

今回持参したキャンプ道具
クッカーセット(鍋、フライパン)
コンパクトガスコンロ×1
ランタン×2
・食器類(箸、皿、コップなど)
・食材2日分、調味料

初日:キャンプ場探索+イベント参加

08:14新宿駅発
10:23富士急ハイランド駅に到着
11:00うどんを食べる
11:45スーパーで買い物
12:40タクシーでキャンプ場へ
13:00チェックイン
13:30場内遊び+場外散歩
16:00受付遊び
17:00イベント参加
18:00夕食準備+夕食
20:00焚火にあたりながら談笑
順番にお風呂
21:30就寝
(パパは焚き火を眺めながら晩酌)
PICA富士吉田へ:電車

まずは新宿駅より電車で富士急ハイランド駅に向かいます。(朝少し早めの出発のため、朝コンビニおにぎりなどを食べながらの移動です)

新宿から直通で行けるので、電車移動は本当に楽でいいですね。

富士急ハイランド駅

富士急ハイランド駅に到着後は誘惑されながらもうどん屋さんを目指します。

吉田うどん

キャンプの前の腹ごしらえ。富士吉田市の名物、吉田うどんをいただきます。

吉田うどんとは、日本一硬い麺に、醤油・味噌の出汁が絡むこだわりの郷土料理です。
参考:富士吉田市観光ガイド

富士急ハイランド駅から歩いて10分ほどの距離にある、美也樹さんのうどんは絶品でした。

ちなみに麺が固いとありますが、子ども達(当時6歳と2歳)も全く問題なく食べられました。

PICA富士吉田:場内遊び

タクシーでキャンプ場に移動し、チェックイン後は場内を走り回ったり、

PICA富士吉田:工作

ゲストハウス内でハンドメイドに挑戦したりして過ごしました。

Pica富士吉田:子ども向けイベント

17時からはPICA富士吉田のイベントに親子で参加し、フェザースティック作りとファイヤースターターによる着火に挑戦しました。

Pica富士吉田:子ども向けイベント

なかなか火が付かないながらも頑張ります。着火に成功した時には結構感動しました。

PICA富士吉田:パオ

イベント終了後は急いで料理を作り、時折パオの中に入って温まりながら夕ご飯を食べます。

PICA富士吉田:焚き火

夕食後は焚き火に当たって、焼きマシュマロを楽しみながら談笑して過ごしました。

2日目:キャンプ場内遊びと河口湖観光

06:45起床
07:30朝食+ゆっくり焚火
08:30キャンプ場内で遊ぶ
10:30片付け
11:00チェックアウト
11:10バスで河口湖へ
12:30昼食(山梨名物ほうとう)
13:30荷物を預けてサイクリング
スワンボード
16:00河口湖駅から帰宅
PICA富士吉田:朝食

2日目の朝食はホットサンドを作ります。

ベーコンとチーズを乗せてはさんで焼くだけですが、十分おいしい!

PICA富士吉田:朝食

木々に囲まれながら穏やかな食事、やはりアウトドア料理は最高です。

PICA富士吉田:片づけ

その後もチェックインの時間までは場内を探検したりして遊び、時間前に慌てて片づけをしました。

キャリーカートは受付で借りることができます。

PICA富士吉田:無料巡回バス

帰りは無料巡回バスに乗って河口湖まで移動します。

このバスがあるおかげで電車キャンプが成り立っています。感謝!!

ほうとう不動:河口湖駅

河口湖駅で下車した後、お昼は山梨名物ほうとうをいただきます。

ほうとう不動 河口湖駅前店はその名の通り、駅から徒歩1分で行ける好立地ながら味もおいしいです。

Nむら

河口湖に行くたびにこちらでほうとうを食べていますね。

河口湖:サイクリング

食後は河口湖周辺をサイクリングしたり、

河口湖:スワンボート
長男の強い要望によりスワンボードに乗ったりして楽しみました。
長男6歳(当時)

スワンボート最高だよ!

Nむら

漕ぐのにめちゃくちゃ疲れました。。。

まとめ

PICA富士吉田

PICA富士吉田は、キャンプ初心者や家族連れにとてもやさしいキャンプ場です。

また、河口湖周辺という立地も観光拠点として非常に便利なので、キャンプ+αを楽しむ方にももってこいです。

首都圏にお住まいの皆さま、是非時にはキャンプの遠征をして「非日常」を体験してみてください。

PICA富士吉田の評価

項目電車キャンパー的な評価
アクセス(普通)
設備充実度/清潔さ(良い)
アクティビティ(最高)
サポート/レンタル品(最高)
コストパフォーマンス(良い)

以上、ご参考になれば幸いです。

PICA富士吉田の宿泊予約はこちらから↓

なお、PICAグループはPICA富士吉田を含めて10か所ほどのキャンプ場があります。

他のキャンプ場も気になる方は是非こちらからご覧ください。

rentry